コンポーネント別(サービスとソリューション)、認証タイプ別(トークン、PIN、パスワード、生体認証、セキュリティ証明書、知識ベースの回答、その他)、業種別、地域別(北)の消費者IDおよびアクセス管理(IAM)の市場規模調査アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、およびその他の地域)予測、2021〜 2025年

 

「グローバル消費者アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)市場は、2025年までに562.8億米ドルに達する。

2016年に約115億4000万米ドルと評価された世界の消費者アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)市場は、2018年から2025年の予測期間にわたって19.25%を超える健全な成長率で成長すると予測されています。市場を拡大すると推測される主な要因は、厳しい業界規制とコンプライアンスの管理に関する懸念の高まりです。組織は、一貫性のある、充実した、摩擦のないカスタマーエクスペリエンスを提供し、小売およびeコマースビジネスを成長させたいと考えています。消費者IDおよびアクセス管理(IAM)ソリューションの展開における予算上の制約と、ID標準の欠如が、市場の成長率を抑制しています。コンシューマーIDおよびアクセス管理(IAM)を使用すると、組織はコンシューマーIDおよびプロファイルデータを安全にキャプチャおよび管理し、アプリケーションおよびサービスへのコンシューマーアクセスを制御できます。
グローバル消費者アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカおよびその他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。一方、中国、インド、日本などの国々により、アジア太平洋地域も2018年から2025年の予測期間にわたって高い成長率/ CAGRを示すと予想されます。セグメンテーションによると、ソリューションセグメントはCAGRが約18.1%で増加すると推測され、垂直セグメントBFSIが支配的であり、18%を超える割合で上昇すると予想されます。
この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=432&RequestType=Sample

コンポーネント別:

oサービス
oソリューション

認証タイプ別:

oトークン
oPIN
oパスワード
oバイオメトリクス
oセキュリティ証明書
o知識ベースの回答
oその他

垂直方向:

oテレコムとIT
o銀行、金融サービス、および保険(BFSI)
o小売および消費財
o公共部門
oメディアとエンターテインメント
oヘルスケア
o旅行とおもてなし
o教育
oその他

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、Onegini、GlobalSign、IBM、Auth0、Microsoft、Trusona、Salesforce、SAP、Pirean、Okta、LoginRadius、CA Technologies、Acuant、Janrain、iWelcome、Ping Identity、SecureAuth、ForgeRock、WidasConcepts、EmpowerID、など。激しい競争により、これらのプレーヤーは顧客の要件を改善するために製品開発に費やしています。

消費者IDおよびアクセス管理(IAM)市場調査の対象読者:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/ICT-and-Media/Consumer-Identity-and-Access-Management-(IAM)-Market/Summary

 

 

 

 

クラウドデータベースセキュリティの市場規模の調査、アプリケーション(クラウドアクティビティの監視、アクセス管理、ユーザー認証)、タイプ(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)、業種別、地域別予測2021-2025

 

「グローバルクラウドデータベースセキュリティ市場は、2025年までに169億米ドルに達する見込みです。

2017年に約42億米ドルと評価されたグローバルクラウドデータベースセキュリティ市場は、予測期間にわたって19%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。2017-2025クラウドデータベースセキュリティは、に保存されている情報の安全性とセキュリティのための統合ツールを提供します。雲。情報技術に関連するさまざまなアプリケーションとデータアクセシビリティのためのプラットフォームの数の増加により、クラウドデータベースのセキュリティは会社の主要な関心事です。システムは、データの整合性、可用性、整合性、および認証されたユーザーへのアクセス可能性を保証します。世界のクラウドデータベースセキュリティ市場は、クラウドベースのサービスに対する需要の増加、BYODやCYODなどのハンドヘルドデバイスの使用の急増、およびデジタル化への政府支出の増加に起因して、近い将来大幅な成長を記録すると予想されます。ただし、高い初期投資の要件やサイバー脅威やマルウェアの増加などの要因により、市場の成長が抑制されると予想されます。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=431&RequestType=Sample

グローバルクラウドデータベースセキュリティ市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域で検討されています。アジア太平洋地域は、インターネットの普及とデジタル化の進展により、最も速い成長率を示します。セキュリティ技術から得られた革新により、北米も大幅な成長率を示し、ヨーロッパがそれに続きます。

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

アプリケーション別:

oクラウドアクティビティの監視
oアクセス管理
oユーザー認証

タイプ別:

oパブリッククラウド
oプライベートクラウド
oハイブリッドクラウド

業種別:

o小売
o BFSI
o輸送
oおもてなし
o政府

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、IBM Corporation、FORTINET INC、MCAFEE LLC、GEMALTO NV、ORACLE CORPORATION、IMPERVA INC、INTEL SECURITY GROUP、INFORMATICA LTD、ENTIT SOFTWARE LLC、AXIS TECHNOLOGYLLCなどがあります。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査におけるグローバルクラウドデータベースセキュリティ市場のターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/ICT-and-Media/Cloud-Database-Security-Market/Summary

 

 

 

 

コンポーネント別(サービスおよびソリューション)、展開タイプ別(大企業、中小企業(SME))、業種別(銀行、金融サービス、保険(BFSI)、ITおよびテレコム)のカタログ管理システムの市場規模調査、Travel&Hospitality、Retail&e-Commerce、Media and Entertainment、Others)、および地域別予測、2021〜 2025年

 

「世界のカタログ管理システム市場は、2025年までに15億2000万米ドルに達する。

2016年に約7億7500万米ドルと評価された世界のカタログ管理システム市場は、2018年から2025年の予測期間にわたって、7.74%を超える健全な成長率で成長すると予測されています。市場を拡大すると推測される主な要因は、顧客の動的要件を満たすための強化されたITシステムと、小売およびeコマース業界のブームにつながるデジタルトランスフォーメーションイニシアチブです。銀行、金融サービス、保険(BFSI)、小売&eコマース、IT&テレコムなど、市場の業界分野で大きな成長が見られます。カタログ管理ソフトウェアは、eコマース製品データを整理して、購入者と販売者の両方の単一のデジタル参照ポイント(つまりカタログ)に統合します。このソフトウェアは、eコマースビジネスの製品情報を維持および保存します。
グローバルカタログ管理システム市場は、コンポーネント、展開、および垂直のセグメントに分かれています。コンポーネントセグメントはソリューションとサービスに細分され、ソリューションセグメントはサイズに応じて市場を支配すると推測されます。他のセグメントでは、垂直セグメントのBFSI、小売&eコマースおよびIT&テレコムが、エスカレートする速度でカタログ管理システムを採用しています。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=430&RequestType=Sample

グローバルカタログ管理システム市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。一方、中国、インド、日本などの国々により、アジア太平洋地域も2018年から2025年の予測期間にわたって高い成長率/ CAGRを示すと予想されます。
この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

コンポーネント別:

oサービス
oソリューション

展開タイプ別:

o大企業
o中小企業

垂直方向:

o銀行、金融サービス、および保険(BFSI)
oテレコムとIT
o旅行とホスピタリティ
o小売およびeコマース
oメディアとエンターテインメント
oその他

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、CA Technologies、SAP、IBM、Oracle、Vinculum、Coupa Software、SunTec、ServiceNow、Salsify、Proactis、Sigma Systems、Fujitsu、GEP、Comarch、Plytix、Zycus、Insite Software、Vroozi、Mirakel、Ericssonなどがあります。 、 等々。激しい競争により、これらのプレーヤーは顧客の要件を改善するために製品開発に費やしています。

カタログ管理システム市場調査の対象読者:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

 

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/ICT-and-Media/Catalog-Management-System-Market/Summary

 

 

 

保険市場規模の調査におけるブロックチェーン、アプリケーション別(GRC管理、死亡および請求管理、支払い、ID管理および不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(SME、大規模)、および地域予測2021〜2025

 

「保険市場におけるグローバルブロックチェーンは、2025年までに4億3,150万米ドルに達する。

2016年に約1700万米ドルと評価された世界の保険市場におけるブロックチェーンは、2017年から2025年の予測期間にわたって85%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。市場の主な成長ドライバーには、透明で信頼できるシステムを必要とする新たなニーズや、保険金請求関連の不正の増加に関連する保険セクターで見られる全体的な傾向が含まれます。企業、主に大企業は、ブロックチェーン統合のためのサポートインフラストラクチャを開発するためのベンチャー資金を取得します。大企業は、全体的なパフォーマンスを向上させ、顧客満足度を提供するために研究開発活動に継続的に投資しているため、市場シェアの点で市場を支配することが期待されています。ただし、中小企業(SME)セグメントは、市場で事業を行っているベンダーが提供するサービスとしてのブロックチェーンが利用可能であり、インフラストラクチャの開発コストを最小限に抑えるため、より高いCAGRを示すと予想されます。
北米は、予測期間中、引き続き市場を支配すると予想されます。 APAC地域は、デジタル化の増加、IoTの急成長、および地域内のBaaSサービスプロバイダーの増加により、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。不正な保険金請求の増加、透明で信頼できるシステムの必要性の高まり、総所有コストの削減への注力などの要因が、保険市場におけるグローバルブロックチェーンの成長を促進すると予想されます。
この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=429&RequestType=Sample

アプリケーション別:

oGRC管理
o死亡および請求管理
o支払い
oID管理と不正検出
oスマートコントラクト
組織規模別:

o中小企業
o大規模

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、IBM、Oracle、Microsoft、AWS、SAP、Earthport、BTL Group、BitFury、Factom、Bitpayなどが含まれます。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における保険市場のグローバルブロックチェーンのターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/BFSI/Blockchain-In-Insurance-Market/Summary

 

 

 

 

自動車TIC市場規模調査、自動車アプリケーション(Adas&Safety Controller、Cockpit Controller、Chassis&Body Controller)、サービスタイプ(テストサービス、検査サービス、認証サービス)、ソーシングタイプ、サービスアプリケーション、地域予測2021- 2025年

 

「世界の自動車TIC市場は2025年までに312億米ドルに達する。

2017年に約179億米ドルと評価された世界の自動車TIC市場は、2018年から2025年の予測期間にわたって、7.20%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。世界の試験、検査、認証市場は、試験、検査、認証サービスのアウトソーシングの増加、製品や標準規制の多様化などの要因により成長を遂げています。近年、品質、健康、環境の安全に関する規制が厳しくなり、これらのサービスに対する需要が高まっています。これとは別に、サードパーティの保証とリスク認識の向上を求めるエンドユーザーの需要とリスク防止への注力も、世界中のテスト、検査、認証サービスの需要を後押しすると予想される主要な要因です。さらに、グローバリゼーションの結果として国間の貿易が増加することも、この市場の成長にプラスの影響を与えています。これらのプラス要因を考慮して、テスト、検査、および認証サービスの需要は、2018年から2025年までの予測期間中に増加するように設定されています。この市場の成長は、世界的な自動車生産の増加、TICサービスのアウトソーシングへの傾向、車両のリコールによって推進されます。コンポーネントの故障、および世界中の自動車セクターにおける厳格な政府規制および基準の施行によるものです。

世界の自動車用TIC市場の地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域で検討されています。 2018年の地理的条件では、アジア太平洋(APAC)が自動車TICの最大のシェアを占めました。自動車産業は、日本や韓国などのいくつかのAPAC諸国で厳しい安全規制の対象となっています。これらの国々では乗用車の需要も高まっています。中国などの国々は、人口の増加と車両需要により、車両と交通安全の規制を策定すると推定されています。インフラの制限や事故の増加などの理由により、安全規制の実施が促進される可能性があります。インド、中国、日本、韓国などの国々での自動車生産の増加は、アジア太平洋地域の自動車TIC市場の成長に大きく貢献しています。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=428&RequestType=Sample

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

自動車用途別:

o Adas&Safety Control
oコックピットコントローラー
oシャーシおよびボディコントローラー

サービスタイプ別:

oテストサービス
o検査サービス
o認証サービス

ソーシングタイプ別:

o社内
o外部委託

サービスアプリケーション別:

o電気システムおよびコンポーネント
o電気自動車、ハイブリッド電気自動車、およびバッテリーシステム
oテレマティクス
o燃料、液体、潤滑油
o内部および外部の材料コンポーネント
o車両検査サービス
oホモロゲーションテスト

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、Dekra se、LLC、TUV SUD Group、Applus Services SA、SGS Group、TUV Nord Group、TUV Rheinland AG Group、Bureau Veritas SA、Intertek Group PLC、Eurofins Scientific、UL LLC、Sai Global PtyLimitedなどがあります。 、リナSPAなど。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における世界の自動車TIC市場のターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティ

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Automotive-and-Transport/Automotive-TIC-Market/Summary

 

 

 

輸送市場規模の研究における人工知能、機械学習テクノロジー、プロセス(データマイニング、画像認識、信号認識)、アプリケーション(自律型トラック、トラック内のHMI、半自律型トラック)、提供、地域予測2021- 2025年

 

「運輸市場における世界の人工知能は、2025年までに45億米ドルに達する。

2017年に約12億米ドルと評価された運輸市場の世界の人工知能は、2018年から2025年の予測期間にわたって、18%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。輸送市場における人工知能の成長は、主に自動運転車の開発と輸送の運用コストの削減に向けた注目の高まりによって推進されています。市場の主な開発はソフトウェアに関連しています。 IBMやAlphabetInc。などの企業は、このカテゴリーの市場に利益をもたらしている人工知能ソフトウェアに多額の投資を行っています。さらに、ハードウェアの価格の下落により、2025年までに市場でのソフトウェアカテゴリのシェアが増加します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=427&RequestType=Sample

輸送市場におけるグローバル人工知能の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、運輸市場における世界のAIの最大のシェアを占めると推定され、2017年には44.0%以上と評価されています。この地域には、運輸におけるAIの主要市場である米国やカナダなどの先進国が含まれます。政府の支援と長距離およびプレミアムトラックの販売がこの地域の市場を牽引しています。米国は、これまでこの地域の市場収益の大部分を占めてきました。これは、政府と民間部門のかなりの投資と、有利な政策の枠組みによるものです。国内で推定1500万台の登録トラックを持つ十分に発達したトラック産業は、輸送におけるAIのかなりの長期的な機会を保証します。

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

機械学習テクノロジーによる:

oコンピュータビジョン
oコンテキストアウェアネス
oディープラーニング
o自然言語処理

プロセス別:
oデータマイニング
o画像認識
o信号認識

アプリケーション別:

o自律型トラック
oトラックのHMI
o半自律型トラック

提供することによって:

oハードウェア
oソフトウェア

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、ボルボ、ダイムラー、スカニア、パッカー、コンチネンタル、マグナ、ボッシュ、ZF、エヌビディア、インテル、マイクロソフトなどが含まれます。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における運輸市場のグローバル人工知能のターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

 

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Automotive-and-Transport/Artificial-Intelligence-in-Transportation-Market/Summary

 

 

 

App Analyticsの市場規模調査、コンポーネント別(ソフトウェアとサービス)、タイプ別(MobileAnalyticsとWebAnalytics)、アプリケーション別(User Analytics、Ad Monitoring&Marketing Analytics、Revenue Analytics、App Performance Analytics&Operations)、Verticalおよび地域予測による2021-2025

 

「世界のアプリ分析市場は2025年までに43億米ドルに達する。

2016年に約7億米ドルと評価された世界のアプリ分析市場は、2017年から2025年の予測期間にわたって、22.5%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。携帯電話やウェブアプリの急速な使用の増加、スマートフォンでの広告市場の成長、分析技術への投資の拡大、アプリ関連の活動の記録の必要性は、グローバルアプリ分析市場の成長を推進している主な要因です。 App Analyticsは、デスクトップとモバイルでのアプリとそのパフォーマンスの追跡に役立ちます。これは、企業が自社の製品とユーザーの間のコラボレーションを見つけるのに役立ちます。アプリ分析を使用すると、ユーザーごとにアプリの起動とアクティブ化を確認し、正確なデータを収集して顧客のニーズに対応し、パーソナライズされた顧客中心のマーケティングを推進できます。これは、アプリ開発者がアプリで発生しているクラッシュを見つけて修正し、そのユーティリティを改善するのに役立ちます。また、アプリに対するユーザーの関心に関する情報を提供することで、アプリのアップデートの開発にも役立ちます。また、顧客が使用しているさまざまなアプリからのユーザーの以前のデータを追跡することにより、顧客の関心を見つけたり、新しいアプリケーションを開発したりするのにも役立ちます。これに加えて、高度な資格を持つ専門家の必要性は、グローバルアプリ分析市場の成長における制約であり、利用可能なデータは不均一であり、それはまた、市場の全体的な成長を制限します。
グローバルアプリ分析市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、市場シェアの点で世界の主要/重要な地域です。一方、中国、日本、インドなどの国々により、アジア太平洋地域は2018年から2025年の予測期間にわたってより高い成長率/ CAGRを示すと予想されます。
この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=426&RequestType=Sample

コンポーネント別:

oソフトウェア
oサービス

タイプ別:

oモバイル分析
oWeb分析

アプリケーション別:

oユーザー分析
o広告モニタリングとマーケティング分析
o収益分析
oアプリのパフォーマンス分析と運用

垂直方向:

o小売
o銀行、保険、金融サービス
oメディアとエンターテインメント
oロジスティクス、旅行、輸送、ホスピタリティ
oテレコムとそれ

地域別:

o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、Adjust、Adobe、Amazon、Amplitude、App Annie、Appdynamics、Appscatter、Appsee、Appsflyer、Apptentive、Clevertap、Contentsquare、Countly、Google、Heap、IBM、Kochava、Localytics、Mixpanel、Moengage、Segment、 Swrve、Taplytics、Tune、Yahooなど。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査におけるグローバルアプリ分析市場のターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

 

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/ICT-and-Media/App-Analytics-Market/Summary

 

 

 

基板(金属、ガラス、コンクリート、セラミック)、最終用途産業(自動車、輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設、その他)、および地域予測による防氷コーティングの市場規模の調査2021〜2025

 

「世界の防氷コーティング市場は2025年までに1億9,172万米ドルに達する。

2017年に約3億3000万米ドルと評価された世界の防氷コーティング市場は、2018年から2025年の予測期間にわたって、24.60%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。市場は、自動車および輸送、再生可能エネルギー、通信機器、建設など、さまざまな最終用途産業での防氷コーティングの使用により推進されています。自動車および輸送の最終用途産業の航空宇宙、自動車、船舶、および鉄道用途からの防氷コーティングに対する高い需要、および再生可能エネルギーの最終用途産業の太陽光および風力エネルギープラントもまた、防氷コーティングを推進している市場。特にロシア、米国、カナダ、スカンジナビア諸国では、航空機用途や再生可能エネルギー、通信機器の最終用途産業向けの防氷コーティングの需要が高くなっています。新たな技術と革新により、これらの業界で防氷コーティングの需要が高まっています。さまざまな種類の防氷コーティングが、用途要件と製品の耐久性に基づいて、最終用途の業界で使用されています。それらには、アプリケーションの要件に応じて異なる異なるプロパティがあります。これらは、その基板、すなわち、金属、ガラス、およびコンクリートとセラミックに基づいて分類されます。防氷コーティングは、塩やその他の化学物質を含む従来の除氷液に代わるものです。この市場は、さまざまな最終用途産業からの需要に基づいており、主にアルミニウム、鋼などの金属基板に適用されます。平均降雪量が他の地域よりも高いヨーロッパや北アメリカなどの寒冷気候地域からの防氷コーティングの需要の高まりが市場を牽引すると予想されます。ただし、政府の規制と代替品の入手可能性は市場の成長に影響を与えています。
世界の防氷コーティング市場の地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。アジア太平洋は、北アメリカとその後の今後5年間で力強い成長を遂げると推定されています。ヨーロッパ。
この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=425&RequestType=Sample

基板別:

o金属
oガラス
oコンクリートとセラミック

最終用途産業別:

o自動車および輸送
o再生可能エネルギー
o通信機器
o建設
oその他

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015、2016
基準年– 2017
予測期間-2018年から2025年

業界はかなり競争が激しいようです。主要な市場プレーヤーには、PPG Industries、Dowdupont、Neverwet、NEI Corporation、Fraunhofer-Gesellschaft、CG2 Nanocoatings Inc、Aerospace&Advanced Composites GmbH、Nanosonic Inc、Cytonix、Battelle MemorialInstituteなどがあります。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における世界の防氷コーティング市場のターゲットオーディエンス:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/ICT-and-Media/Anti-Icing-Coating-Market/Summary

 

 

 

 

アプリケーション別、エンドユーザー(住宅、商業ビル、インフラストラクチャ)別および地域別のオートクレーブ養生気泡コンクリート市場規模調査-予測2017-2025

 

「世界のオートクレーブ養生気泡コンクリート市場は、2025年までにxxxx億米ドルに達する。

2016年に約5億8500万米ドルと評価された世界のオートクレーブ養生気泡コンクリート市場は、2017年から2025年の予測期間にわたって、xx%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。
発展途上国における工業化の進展と都市化の加速、AACの費用対効果と軽量材料、防音とグリーンビルディングの重要性の高まりにより、世界のオートクレーブ養生気泡コンクリート市場は大幅な成長を遂げています。木や粘土質れんがなどの伝統的な建材は、緑の木々を伐採し、肥沃な土地や土壌を大量に消費し、大量の温室効果ガスを排出するため、インフラストラクチャの開発に伴い、環境保全も重要な関心事になっています。ガス。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=424&RequestType=Sample

アプリケーション別:

o建設資材
o道路サブベース
oブリッジサブストラクチャー
oボイドフィリング
oコンクリートパイプ

エンドユーザー別:
o住宅
o商業ビル
oインフラストラクチャ

 

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015
基準年– 2016
予測期間-2017年から2025年
市場に関与する主要メーカーには、Xella Group、Cematrix、Acico Industries Company、Broco Group、Aircrete Europe、Solbet Capital Group、Laston Italiana S.P.A.、Aerix Industries、IsoltechSrlがあります。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における世界のオートクレーブ養生気泡コンクリート市場の対象者:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Construction/Autoclaved-Aerated-Concrete-Market/Summary

 

 

 

 

ベースコーティングの種類(ポリフッ化ビニリデン、ポリエチレン)、種類、組成、用途、地域別のアルミニウム複合パネルの市場規模調査-予測2017-2025

 

「世界のアルミニウム複合パネル市場は、2025年までにxxxx億米ドルに達する。

2016年に約5億8500万米ドルと評価された世界のアルミニウム複合パネル市場は、2017年から2025年の予測期間にわたって、xx%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。
急速な都市化と工業化により、世界中で新築の需要が増加しているため、市場は今後数年間で大幅な成長が見込まれています。産業およびインフラストラクチャセクターへの大規模な投資、新興経済国での建設活動の増加、および建設市場での革新的な製品の開発は、アルミニウム複合パネル市場の成長を推進する重要な要因の一部です。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

サンプルレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Request/Sample?ResearchPostId=423&RequestType=Sample

ベースコーティングタイプ別:

oポリフッ化ビニリデン
oポリエチレン

タイプ別:
o耐火性
o抗菌性
o帯電防止

構成別:
o表面コーティング
oメタルスキン
oコアマテリアル
oリアスキン

アプリケーション別:
o建築および建設
o広告
o輸送

地域別:
o北米
o米国
oカナダ
oヨーロッパ
o英国
oドイツ
oアジア太平洋
o中国
oインド
o日本
oラテンアメリカ
oブラジル
oメキシコ
oその他の地域

さらに、調査の対象となる年は次のとおりです。

歴史的な年-2015
基準年– 2016
予測期間-2017年から2025年
市場に関与する主要メーカーには、Yaret Industrial Group、3a Composites、Alubond USA、Mitsubishi Chemical(Mitsubishi Chemical Corporation)、Goldstar Group、Alstone、Maxbond、Msenco Metal、Aludecor&Arconicがあります。買収と効果的な合併は、主要メーカーが採用している戦略の一部です。新製品の発売と継続的な技術革新は、主要なプレーヤーによって採用された重要な戦略です。

市場調査における世界のアルミニウム複合パネル市場の対象者:

o主要なコンサルティング会社とアドバイザー
o大中小企業
oベンチャーキャピタリスト
o付加価値再販業者(VAR)
oサードパーティのナレッジプロバイダー
o投資銀行家
o投資家」

完全なレポートリンク:https://brandessenceresearch.biz/Chemicals-and-Materials/Aluminum-Composite-Panels-Market/Summary